■デイサービス樂天堂
 ■樂天堂訪問リハ
 ■樂天堂内科整形外科
部門紹介
 ■禁煙外来
 ■AKA
 ■リハビリテーション科
 ■放射線科
出勤予定表
 樂々堂整形外科
  ■医師
  ■理学・作業療法士
 樂天堂整形外科
  ■医師
  ■理学・作業療法士
 樂天堂内科整形外科
  ■医師
  ■理学・作業療法士
その他
 ■今の季節これでお困りでは?
 ■職員募集のお知らせ
 ■よくある質問
 ■リンク集
 ■メール・お問い合わせ
 ■らくらくぶろぐ
 ■樂々堂整形外科facebook
リンク
 ■治療院 樂
携帯用サイト
 ■http://www.rakutendo.jp/
   mobile.html
肘ストレッチ

肘のストレッチは、肘の非打撲性の症状(テニス肘など、手首や指の使いすぎが原因の症状)の時に効果のあ
る運動です。指から肘にかけて筋肉はつながっていて、この筋肉の付着部が炎症を起こして痛みが起きていま
す。肘の筋肉を運動させる事によって、筋肉をやわらかくし、痛みをやわらげます。

@肘の外側の筋肉(指を動かすと一緒に動く筋肉)のストレッチ。
手のひらを下にして、腕をまっすぐ伸ばして下さい。反対の手を使って、手首を下に曲げて下さい。
※この時、肘の外側の筋肉が伸びている事を意識して下さい。

A肘の内側の筋肉(手を握って手首を曲げたり伸ばしたりすると一緒に動く筋肉)のストレッチ。
手のひらを上にして、腕をまっすぐ伸ばして下さい。反対の手を使って、手首を下に曲げて下さい。
※この時、肘の内側の筋肉が伸びている事を意識して下さい。

Bストレッチの後、肘の痛い所を中心に指〜肘までの筋肉をマッサージして下さい。

一日に 3〜5 回くらい、痛くならない程度に行って下さい。お風呂の中で温めながらマッサージするとさらに効果
的です。
肘の炎症を防ぐ為に、痛む動作はなるべくしないようにして下さい。例えば雑巾を絞る時に、内・外どちらに絞れ
ば痛みが出ないか、ほうきで掃く時に、内・外どちらに掃く動作にすれば痛みが出ないかなど、ちょっとした工夫
で痛む動作を避ける事ができます。


トップへ
トップへ
戻る
戻る